日本弁理士会大学等支援申請事前調査書
適切な講座をご提供するため、下記につき、簡単にご記入をお願い致します。本事前調査に基づいて、支援の内容を検討させていただきます。


1.依頼者
大学・部署名
ご担当者名
ご住所
電話番号
E-Mail


2.時期  例:何年何月頃 
※希望日の3ヶ月前までにお申込みください。(混雑状況により別日に調整をお願いすることがありますので、お早めにお願いいたします。)



3.時間・回数 例:1.5時間×2回



4.場所 住所等 例:上記住所と同一



5.対象 例:○学部1年生 院生 教職員



6.現状 現在知財授業を行っているか否か。行っている場合は概要。



7.既関与弁理士の有無



「有」の場合は内容を入力してください。
例:○○弁理士と顧問契約をしている(していた)。 常勤講師の弁理士が存在する。



8.講座の目的 
例:知的財産を経営・業務に生かせるよう知的財産制度の理解を深める。



9.講座の内容 
例:特許・実新・意匠・商標及び著作権制度の概要(医療機器・医薬品等の事例を絡めて)(箇条書き等にて簡潔に記載お願い致します)



10.弁理士講義に期待すること 
例:製造業以外の企業における知財活用を事例を交えて講演願いたい。



11.講師の資格 御校の講師となる資格が必要か否か。必要がなければ不要と記載。



以上、ご記入ありがとうございました。